« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

ひと時

090421_0223_0001_2 Download31_2 090917_0049_0002_3


















忙しくなれば、モエとの時間も減るでしょう。寂しくなるね。最近はモエと沢山いっしょに居られて幸せだった。

猫は寒いのが苦手。最近はベットの上でずっと寝てる。夜は布団に入って一緒に寝る。腕枕で人間みたい。

もうばあさんなので、体をいたわって、この冬を乗り越えよう

| | コメント (3)

2009年11月29日 (日)

多摩美

多摩美
今日は多摩美のゼミの集まりに呼ばれて行った。

今の4年生の卒制プリプレゼンを見て、その後みんなで飲んだ。

超楽しかった!

特にケンゴを美保とタムといじり倒す遊び。ケンゴも嫌そうな素振りを見せつつ、まんざらでもなかった

あとオーロのビリヤードコーナーが消滅しててショックだった。ふつーの満喫みたいになってた。

宮崎先生にも久しぶりにお会いできて嬉しかったけど、ふざけた話ばっかでした。黒いダウンがお似合いでした。

年明けの新年会も楽しみです。今日これなかった人達にも会いたい!

| | コメント (2)

2009年11月27日 (金)

さて!

Homers_dream_3紆余曲折ありつつ、ちゃんと転職先が決まった。良かった!

大大本命だったから、夢みたいだけど、夢じゃない。地道に制作を続けてきた甲斐があった。

募集してから1ヶ月以上何も連絡が無く、落ちたとばっか思って諦めてたから、先週面接のお知らせが来た時は夢かと思った。面接の結果、採用という良い返事をもらえてとても嬉しい。ホーマーのようになってはいけない。でもホーマーが大好き。がんばりましょう 

| | コメント (6)

2009年11月26日 (木)

なくもんか!

Img02_3

Img01_4

展示 <北川一成>

gggに観に行った。gggに初めて迷わずに行けた!

北川一成氏のデザインが沢山展示されてる想像で観に行ったら、作品数はかなり少ない。B1Fでは部屋の壁一面が映像で、北川氏の今までのロゴがバーっと流れていた。

「本展のインスタレーションは、来館者の身体に働きかけ、『意識に隠れたもやもやとした見過ごされたものや意識のすき間にある余白あるいは気配を発見する』ことをねらっています。」

と書かれていた。1Fは自分には理解が難しかった。B1Fは単純に楽しかった。ロゴが動き回っていて不思議で綺麗な空間だった。北川一成氏のデザイ ンは不思議なギリギリのバランスで、絶妙で前から好き。すごいセンスと感覚。そしてB1Fのパネルに書かれていた文章は哲学的。無意識について、無知の知について、余白をデザインする事についてなど、難しいけど、興味深い話でした。

最近は観たい展示、映画がたくさんある。全部行けるかなー!

さっきクローゼットのドアで手を挟んで出血しました。叫びました。あまりの痛さに本当の泣き笑いを体験。30分くらい痛みが治まらず、痛すぎて爆笑と涙が一緒に溢れ出した、これが泣き笑いかー!辛かったけどちょっと楽しかった。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

ヒートテック買いました

Sekaibook_3 「世界のブックデザイン2008−09」
という展示を印刷博物館で観た。
時間が無くてバタバタ観たから全然堪能できていないので、近々また行く。
本ってプロダクトとして魅力的。たまんない。フランス語や英語で書かれた本は内容全く分からないけど、素敵すぎてジャケ買いしたくなった。建築関係の本って面白い装丁多いって前から思ってて、この展示にも結構あった。デザイン書が欲しいけど高い!


Thisisit_2

「THIS IS IT」
マイケルジャクソンについてほぼ無知な自分だけど、とても興奮した!映画というかもうショータイム。もうこの世に居ない人とは思えない、輝いていました。超格好良いと思った。すごかったー
ずーっと格好良い映像観てるみたいな、ライブに行ってるような、音楽も格好良いし、とにかく素晴らしかった。こんなにすごかったのかとこの映画で知った。

| | コメント (3)

2009年11月10日 (火)

中目黒

33



























転職

 

今日は初顔合わせだった。
フィギュアが沢山置いてある。

CDジャケットを作る

不安と期待が入り交じった心境。

マイペースに頑張る

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

本が読めない

最近ブログが映画ばっか。映画は好きだけど本は読めない。
読書が趣味だったのは小学生まで。
小学校の時に宮沢賢治は読破しました。あと夏目漱石と太宰治と芥川龍之介。
ガリ勉だった頃、勉強の息抜きに、冬の朝散歩して、公園のベンチで宮沢賢治を読むという、紳士みたいな事をしてた。今となっては信じられない、別人だな。宮沢賢治の表現力に感銘を受け、「さるのこしかけ」という話が一番好きだった。

大人になったけど本が読めない。

手帳に観た映画をだいたいメモるんだけど、
こないだ数えたら、今年は今のところ70本くらい新しく観たっぽい
多すぎも少なくもない感じだな。

15e6334c 「パコと魔法の絵本」
パッケージの印象と全然違う。すごい面白かった。
役所広司、妻夫木聡、加瀬亮、阿部サダヲ、土屋アンナとか結構メンバーがすごかったのも驚いた。みんなメイクがすごくて最初誰か分かんなかった。

ファンタジーな話かと思いきや、最後は泣きそうだった。予想外なおもしろさに感動した。





B000hcpvgy09lzzzzzzz 「スペースカウボーイ」
やんちゃなオヤジ4人が宇宙へ行く。男のロマンと友情の話で、おっさんが渋くて粋で、格好良い。宇宙へ行くためのトレーニングのシーンとかおもしろい。

宇宙もすごい綺麗だった

最後のシーンでFly Me to the Moonという曲がかかった時に泣いた。良い歌だしいい話だった。最後のシーンでもっていかれた!クリント・イーストウッドは監督も俳優も、多彩だな。

 

 

Img_1459685_25213987_0

「トゥルーマン・ショー」
ジム・キャリーが大好きなので借りた。
とにかく話が面白い。トゥルーマンという主人公の役をやっててすごいピッタリ。
自分の人生が、実はみんなに観られてて、みんながエキストラだったらっていう宣伝文句にひかれて観た。

もしそうだったら超ショック!トゥルーマンを本気で応援した。トゥルーマンの最後のセリフが最高だった。今年観たなかでも面白さはナンバー1かもしれない

| | コメント (2)

2009年11月 6日 (金)

先週

先週
よしこが家に来た。
うちは羽田が近いから、空港に着陸したその足でうちに寄ってくれた。

先週ちょうど忙しくて、久々の再開だったけど、何を話したかほとんど思い出せない!もったいない

たぶんダラダラ世間話とか映画の事とかを話した。よしこはマニアックな話も、なんでもありで楽しい。

お土産に長崎のカステラをくれて、美味しかった。

今度はまた九州に行きついでにゆっくり遊びたい。

前回よしこと九州で会った時は、
福岡の海沿いを運転中に集中豪雨にみまわれて、なかなかデンジャラスだった。 

その前によしこと九州で会った時は、
長崎でビーチを探してたら秘境に迷い込んでしまい、アドベンチャーな感じだった。

久々によしこと大冒険したくなりました。九州行きてーい!

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »